キハ58の鉄道ひとコマ

鉄道にかかわること中心のブログです。2010年から書いてきた別blogの名前からキハ58を使っています。URLは583系はくつるで^.^/ 

錦秋の飛鳥山

[2022.11.27 photo by OM-D E-M5 Ⅱ]

今日の日曜日は快晴だった東京。

目いっぱいの陽ざしを受けた北区の飛鳥山は鮮やかな色合いです。

ビル群を背景にしたこのたたずまいは堪りません!

数少なくなったE2系の単独走行に彩りを与えてくれました(^.^)


鉄道ランキング

今年も終盤な上野駅風景

大きな熊手。

酉の市のこの時期に上野駅に登場です。

駅を通る皆さんが福をかき集められますように(^.^)

そんな上野駅中央改札前コンコースには……。

巨大なツリーも登場。

でも上野駅は北の玄関口。

夜行列車待ちの乗客待ち人だらけだった写真を見たことがあります。

それがこのようになるとは……昔の方が見たらビックリでしょうね。

ちなみにこのツリーには上野駅らしい演出もあります。

パンダ駅員さんです。

上野らしいでしょ(^.^)


鉄道ランキング

4000系に乗車

[2022.10.4 photo by iPhone11pro]

以前は池袋まで行った4000系。

今は西武秩父-飯能間の主力車両として走っています。

車内から駅名票が見えます。

ボックスシート越しのこの光景は旅心をくすぐってくれます。

こちらはホーム反対側です。

下に見えるのは秩父鉄道の線路です。

前々回記事に登場した連絡線でつながっています。

そんなボックスシートが並ぶ4000系車内。

JR含め、今では貴重な車両です。

往年の急行列車を思い出すなぁ(^.^)


鉄道ランキング

西武秩父線の4000系

[2022.10.4 photo by OM-D E-M5 Ⅱ]

白いボディの4000系は直進してきました。

ダイアモンドクロス通過にに近い感じですね。

そして西武秩父駅に到着。

ゆったり広々した駅構内の左端に停車しました。

ちょっとジオラマみたい^^

通勤型とは違ったこのルックス。

しかも2ドアタイプの側面も旅感をかもしてくれます。

ちなみにLaviewホームから見るとこのような感じです。

Laview & 4000系、ツートップな西武秩父線です(^.^)


鉄道ランキング

Laview行って、4000系来る

[2022.10.4 photo by OM-D E-M5 Ⅱ]

西武秩父駅に停車していたLaviewが発車していきました。

発車して直ぐ越える秩父鉄道連絡線のポイントが何ともいいですね。

エッ~クス!

今度は白いボディ登場です。

西武4000系

西武秩父駅に入線します。


鉄道ランキング

西武秩父駅のLaview・3景

[2022.10.4 photo by iPhone11pro]

駅構内跨線橋からの光景です。

遠くに秩父のシンボル武甲山

そして構内に銀のウナギ?(^.^);;

隣ホームからレトロ字体の駅名票と1枚。

車体と対照的で面白いです。

こうやって遠くから見ると、窓の大きさがほんとよくわかりました。

対照的と言えば……

Laviewの到着したホームに手洗い場がありました。

それが、なんとタイル製。

先進の車両とタイル、ちょっとホッコリした瞬間です(^.^)


鉄道ランキング

山車、都電踏切を渡る

「踏切を渡るからって、驚いて腰を抜かさないでくださいね」

……なんて^.^;;

山形県新庄祭りの山車が豊島区にある旧中山道へやってきました。

間の前に警報器、遮断棒。

そうなんです、ここは都電荒川線の踏切です。

イイ感じに小坊主さんがひっくり返ってくれていて(^.^)

都営交通担当者見守る中、一気に山車が踏切を渡りました。

一気呵成に、速かったなぁ……都電よりも速かったりして^.^;;

ちょうどこの辺りは巣鴨地蔵通り

おばあちゃんの原宿一世風靡した巣鴨も、祭りに関係なく年齢層の幅が広がった感じです。

そうそう、山車の最後部にぬいぐるみが載っています。

すがもん、という巣鴨ゆるキャラです。

地域性鑑みアレンジしてくれている山形県の山車でした。



 


鉄道ランキング