キハ58の鉄道ひとコマ

鉄道にかかわること中心のブログです。2010年から書いてきた別blogの名前からキハ58を使っています。URLは583系はくつるで^.^/ 

鉄旅出会ひとコマ

こくどう? てつどう、です。

……なんて^.^;; でも、てつどう走る こくどう って面白くないですか?(^.^) 国道? 鉄道 です……なんて、漢字バージョンも^.^;; ナカナカ面白い国道駅ホームです! 鉄道ランキング

370万人都市のローカル風景 海芝浦支線

単線の旅客線。 人口370万人の横浜市にあるとは思えないですね・ 車窓は水面と一緒。 工場地帯とはいえ、なかなか素敵な車窓です! 程なく工場線が近づいてきます。 海芝浦駅のある東芝の事業場敷地力ですね。 運河に面した線路。 車窓には石油タンクが現れ…

海芝浦駅 車内時間

つり革ごしの青い海。 つり革ごしの駅名板。 通勤電車が走る鶴見線の駅らしい風景です^^ その風景はシート越しでも。 なんかサンルームみたいでしょ。 冬にはポカポカになります。 でも… 冬以外は基本全扉オープンで、涼しい海風が入ってきます。 さながら停…

海芝浦駅 即席リビングルーム

鶴見駅から約13分。 雑踏とは無縁の海芝浦駅に到着しました。 先頭車、すぐ左には青い海が広がります。 乗降口に立つと遠くに鶴見つばさ大橋。 手前に駅名札。 その間はブルーの世界。 空のブルーとのコラボもナカナカ^^ ホームへ出て、205系とパチリ! 海・…

爽やか~海芝浦駅

青い海。 青い空。 青黄色の205系。 週末訪れた鶴見線・海芝浦駅は気持ち良すぎでした! 梅雨近い時期に嬉しい^^ ちなみに半年前に3人位だった乗客は20人位で約6倍増。 鶴見から乗って鶴見に戻っていく…まるでツアー状態なのでした。 テレ朝の”本当に行きた…

本当に行って良かった駅総選挙

昨日テレビ朝日で放映されました。 1位は東京駅。2位以下で印象的だった駅を^^ 3位:金沢駅 鼓モチーフの鼓門が世界の美しい駅14に選ばれています。ほんと、見事! 5位:姨捨駅 雪の善光寺平も格別でした。 11位:門司港駅 大正ロマンのレトロさがたまりませ…

桜と都電

桜降る街角。 都電荒川線の車両も赤く染まって……なんて^.^;; ここ飛鳥山は、併用軌道から専用軌道に移る場所。 奥に見える電車はちょうど専用軌道に入ったところです。 その位置から逆に飛鳥山側をパチリ。 江戸時代からの花見の名所・飛鳥山……江戸時代では…

飛鳥山の春

満開の桜。 吸い寄せられていく花見客。 そして都電。 併用軌道らしい飛鳥山付近の光景です。 撮影した歩道橋を飛鳥山側にいきます。 公園のふちはほんと春爛漫! 満開の桜木1本。 とっても華やかですね^^ そんな桜、ソメイヨシノ。 並木の華やかさもいいで…

四季島 春の陣

江戸時代からの桜の名所・飛鳥山。 そこにシャンパンゴールドの列車がやってきました。 四季島です。 東京の春を彩る飛鳥山の桜に、四季島。 列車名に込められた思いが画になりました^^ 飛鳥山の桜は中距離普通列車との組み合わせでもイイ感じです。 E233系…

山手線応援団 ソメイヨシノの里

「フレーフレー、E235!」 なんて感じに見える山手線沿線。 染井吉野の郷である駒込・巣鴨の並木道です。 フェンスに覆われていますが、まさに山手線沿いらしい桜並木。 見上げるとナカナカ賑やか! 5-7分咲の日曜日でした^^ 鉄道ランキング

駅弁 大船軒 しらす弁当

この前投稿の押し寿しに使われた鯵と双璧な湘南海の幸・しらす。 大船軒は湘南の味覚を大切にしていますね! そのしらすを使った駅弁です。 海の青を基調にしたシンプル掛け紙でした^^ 練りもの系と合わせた煮物。 あさりの佃煮等添え物。 そして… ジャ~ン…

駅弁 大船軒 サンドウヰッチ

大船軒の定番をもう一つ。 イではない、ヰのサンドイッチです。 パッケージを開けるとありました! お手拭き^^ 最近付いていないこと多いですが、老舗らしい配慮です そして、ハムサンド登場! 日本初の駅弁サンドイッチらしいですね。 ちなみに、挟まれてい…

駅弁 大船軒 すけろく寿司

お正月、おせちもイイけど…。 先週、鯵の押し寿しを紹介した大船軒。 いなり寿司と海苔巻きからなる助六寿司です。 甘しょっぱ酸っぱのバランスがたまらないいなり寿司はもちろん、特筆すべきは巻物! 太巻きに、これぞ細巻きという干瓢に胡瓜と3種。 シンプ…

新京成電鉄

ふなっしー や マツコデラックス が有名にしてくれた新京成電鉄に乗りました。 年賀ポスターです。 駅に貼ってありました。 シンプルなれど、電車・バスが上手く配置されてイイ感じです^^ この時期の駅ポスターと言えば初詣! 京成は成田山新勝寺ですが、新…

謹賀新年

皆さま、新年あけましておめでとうございます。 松飾りをつけた鉄道博物館C57の1枚から2022年スタートです。 後ろに控える485系がナカナカのアクセントでしょ(^.^) お立ち寄りくださる皆さまのキハ58君の鉄道ひとコマを、今年もよろしくお願いします! 鉄道…

185系とE4系の引退

大晦日になりました。 2021年に印象的な出来事と言えば何度も乗車した185系とE4系の引退でしょうか。 E4系で印象的なシーンと言えばガーラ湯沢駅。 新幹線直結のスキー場・ガーラ湯沢はほんと便利。 スキーヤー大量輸送にもむいた2階建てのE4系でした。 ハの…

駅弁 大船軒 鯵の押し寿し

カラフルな表示板が印象的なここは大船駅。 いや~賑やか! そんな大船駅にとびっきりの駅弁があります。 数年前に100年駅弁としてうたわれのは… 「関東風に握り、関西風に押す」 相模湾で獲れた生きのいいアジを使っての握り押し寿司。 それが八貫。 銀光に…

鶴見線 サンドイッチされた205系

ホームに停車中の205系を先端から1枚。 海(運河)と話題多い総合電機T芝の間にサンドイッチされています。 ホーム端ギリギリ停車なのですが、iPhone11の広角だとイイ感じに入りました。 角度によってキラメクみなもが、眩しい! そんな乗降口から12月の海芝…

鶴見線 17分だけのMyリビングルーム

海芝浦駅ホームに停車中の205系車内。 あたたかな陽光が差し込んでいました。 折り返し発車までの17分間、まさに即席リビングルームの登場です! 大きな窓からは鶴見つばさ大橋。 靴を脱いで椅子に正座したくなります^^ 乗降口からもスタイルのいい橋。 海芝…

鶴見線 海芝浦駅の変化

前々回投稿の「何かが違う」… 約1年前のホーム。 台風でやられながらも屋根駅舎の一部が残っていました。 それが… 無いんです。 ホームだけ。 潔く、まさに海辺のホームになった海芝浦駅です。 鉄道ランキング

鶴見線 85%ブルー

そうして到着した海芝浦支線。 到着したホームでの1枚です。 12月の青空・海(運河)が目一杯広がっていました。 気持イイ~! 鉄道ランキング

鶴見線 海芝浦支線へ

鶴見駅から3つ目の弁天橋駅を過ぎるといつも楽しみにしている車窓が登場しました。 浅野駅手前のポイントです! 本線と海芝浦支線が平面で分岐するんです。 複線の分岐です。なかなかダイナミックな感じしませんか?(^.^) 浅野駅から支線に入ります。 運河沿…

鶴見線 こくどう?いえ、てつどうです。

日曜日8時代の鶴見線ホームです。 いたってのんびりムード…工業地帯を走る鶴見線、平日乗車したときはメチャ混みでした^.^;; ちなみにiPhone11の広角で撮影しましたが、ほんと広く写りますね^^ 空いていますのでかぶりつきに乗車です。 205系と線路を記念に^…

鶴見線・鶴見駅

工業地帯なのに旅感を味わえる鶴見線。 先週日曜日に行きました。 でも、電車行っちゃった! なんて…。 直ぐにやって来ました! 日曜日といえども8時代はマアマア本数あるんですよ。 やってきた列車。 鶴見線は205系が現役です。 そんな205系で行く目的地は…

紅葉の飛鳥山俯瞰

錦秋のランデブー。 飛鳥山を俯瞰できる北とぴあからの風景と言えば、お供はなんと言っても新幹線です。 E2系+E3系、イイ感じでした。 そしてE7系。 12両編成が奥にビル群、そして紅葉色づき飛鳥山を背景に疾走していきます。 伸びやかだな~^^ 在来線だって…

都内の四季を行く四季島

11月23日の午前。 都内錦秋の名所・飛鳥山に四季島が現れました! まさに四季を走るにふさわしいロケーション。 北区・王子駅そばの北とぴあからでした^^ 鉄道ランキング

旧門司港ホテルの朝

夜景を満喫した翌朝です。 この日は、九州鉄道記念館へ行きました。 宿泊した旧門司港ホテル(プレミアホテル門司港)からの風景。 青空に関門橋が映えます。 吊り橋のフォルムがいいですね^^ そんなホテルでの朝食。 館内にあるファーマーズというビュッフ…

トワイライトな門司港

…そして、だんだんと日が暮れて。 ドラマチックな門司港が登場しました! 下関側もいい感じです。 対岸の観覧車。 海峡を横切る渡し船の水線。 やがって、とっぷり暮れて夜景登場です。 中央に門司港駅。 ドラマチックからロマンチックに変わった門司港です^^…

工事中の門司港駅舎

海番線。 門司港駅をでると、国鉄型の車両との出会いがありました。 鹿児島本線の顔・415系も811系に置き換わられつつある時期でした。 どこでも門司港駅の駅名板は、イイ感じです。 駅舎の工事は内部へも影響ありました。 歴史的建造物の門司港駅舎。 姫路…

門司港駅ホーム

2017年に博多からRailStarで小倉まで乗車したのは関門海峡への旅行のためでした。 小倉駅からの普通列車で到着したのは門司港駅でした。 雰囲気あるホームです。 裸電球の照明もピッタリ。 駅舎建物が有名な門司港駅ですが、このホームとの一体感もバッチリ…